最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月24日 (金)

フィギュアスケート

 フィギュアスケートが終わって、日本の注目している
競技がほぼ終了(後はショートトラックもあるんだっけ?)
荒川が金メダルになってよかったと思う反面、
コーエンやスルツカヤがベストじゃなかったのも残念。
コーエンは、練習のときから挙動不審で、
練習のときの不安がそのまま出てしまったのか、
最初のジャンプから失敗。
SPのときと比べると表情も全然違ったのもびっくり。
SPのときのスタートポジションでは、
(演技なんだろうけど)「あたし綺麗?凄いでしょ?」と、
みのもんたのナレーションで茶化したくなるような表情。
いや、形相というべきか・・・。
(ふ、フリーザ?)って一瞬思ったのは私だけじゃないはず。
それが今日はなんか憑き物が落ちたような感じで・・・。
演目に合わせて表情を変えたのかもしれないけど。

スルツカヤは、演技が最後になったことよりも、
暫定一位がコーエンじゃなくて荒川だったことが
一番大きく影響した気がする。
彼女の中ではアメリカ(の政治力)と戦っている意識もあったはずで、
コーエンが相手であれば、例えハードルの点数が低くても、
全力を出し切らないと勝たせてもらえないのじゃないか
という不安があったはず。その場合はスルツカヤは全力を尽くしたはず。
それが、日本の荒川が暫定一位となったことで、
何点でまとめれば勝てるという意識が生まれ、
演技に迷いが出てしまったんじゃないのか。
そんな気がします。
荒川が金を獲れるかということよりも、
スルツカヤがどんな演技をするのかに興味があったので、
彼女らしくない、キレの無い演技になってしまったことは残念。
でも、彼女の「なにかをやりとげた」という顔には救われました。
重圧や厳しい練習から開放されたという笑顔なのかもしれないけど、
やっぱり泣き顔よりは笑顔がいいですもんね。

さて、自分もあの笑顔ができるように今日も頑張るぞ!っと。

2006年2月23日 (木)

フィギュアスケート

 日本中が注目していると思われる明日の女子フィギュアスケート。
安藤の演技から見ようと思えば明日は5時起き。
普段は五時半に起きて勉強しているので、
少し早く起きれば見れるので見ようかと思います。
荒川・村主がメダルを取れるのかという視点の
報道ばかり目立つけど、金メダル争いも
もっとクローズアップして欲しい。
特にスルツカヤやコーエンの演技は見るだけでも
価値があると思うのだけど、ほとんどカットされて
3回転-3回転の映像と、フィニッシュの決めポーズだけしか流さない。
日本の選手がトップレベルにある競技なんだから、
ライバルとされる選手の演技にも興味を持って欲しいです。

 SPの演技を見たときに、コーエンの演技は
さすがだなという感想はもったものの、
荒川とどっちが上かなぁー。
でも、スルツカヤの方が全然いいと思っていたら、
0.03点差でコーエンの方が上で1位。
素人目なので、審判がおかしいとは主張しにくいのだけど、
競技終了後のスルツカヤのコメント
「今は何を考えているのかを言いたくない」が凄く気になる。
朝日新聞なんかは、前回大会でSP終わってスルツカヤが2位だったが、
フリーの演技でSP4位のサラ・ヒューズ(米)に抜かれて銀メダルということが
頭をよぎったのだろうという記事を書いていた。
朝日の記事の真意がどこにあるのかわからないのだけど、
自分は「アメリカの政治に負けたのよ」
と、スルツカヤが言いたいのではないかと気になって仕方がない。
あのレベルならば、やっている本人達が
どちらの演技が優れているかはわかると思ってしまうからだ。
浅田 真央がスルツカヤを破って優勝したグランプリシリーズでも、
スルツカヤの演技が浅田に劣っていたとは到底思えない。
八百長の温床と言われて改正された旧ルールだけど、
完全に八百長が排除されていないんじゃないのか・・・
そんな疑念を持ってしまいます。
yahooの記事から彼女らの点数の詳細を見てみると、

順位 選手名                 要素 技術 つなぎ 演技 振付 曲  合計

  1  サーシャ コーエン   35.33 6.20  6.03  6.40 6.31 6.46 66.73
  2  イリーナ スルツカヤ  36.21 6.23  5.77  6.23 6.06 6.20 66.70   
  3  荒川 静香       35.93 6.26  5.83  6.06 6.03 5.91 66.02

 要素や技術といった客観性の高い項目ではスルツカヤが勝っているが、
審査委員の主観がものをいう他の項目ではすべてにおいて
コーエンがスルツカヤを上回っている。
でも、曲と演技がどれだけマッチしているかなんて
二人にそんな差は無かったと思うんだけどなぁ。
振り付けだって、荒川とスルツカヤの差以上に
スルツカヤとコーエンの差があるとは思えないし。
五輪出場選手の過去(子供の頃)の特集もいいけど、
どこでどういう差が出てしまったのかを
掘り下げるような解説・取材もやってくれないかなぁ。
こんな疑念を持たずにもっと純粋な目で演技を楽しみたいです・・・。
って、疑念をもってしまうのは俺の性格のせいか(笑)

2006年2月20日 (月)

鼻うがい

風邪がなかなかよくならないので
鼻うがい用の器具を買ってきた。
GO!GO!7188のボーカルのゆうちゃんが
「鼻うがい」を推奨していたので
前から試していたのだけど、
(やり方はググってください。)
食器に鼻をつけて塩水を吸うという行為を
うちの親がひどく嫌がるので
(洗えばきれいだと思うのだが・・・)
文句を言われずに鼻うがいができるように
「ハナノア」を購入。

しかし、1000円ってぼりすぎだろ!(笑)

でも、今までは自分で塩水を吸い上げなければ
いけなかったのが、器具の力で水が流入されるし、
薬液がちょっとスースーするので気持ちいい!
鼻うがいが苦手な人にもおすすめです。
Hana

2006年2月16日 (木)

暗いところで待ち合わせ

 風邪をひいて寝込んでいたので
久々に本を読みながらCDを編集してみた。
メモリプレイヤーを買ったけど、
やっぱりCD1枚分の長さがちょうどいいので。
それに、編集したのをフォルダで管理すれば、
メモリプレイヤーの楽曲の入れ替えもスムーズ!

Disc 14

1.St.Elmo's Fire(Man In Motion)      /John Parr
2.Nothing's Gonna Stop Us Now        /STARSHIP
3.Alone                              /HEART
4.Top Of The World                   /VAN HALEN
5.Love And Affection                 /DEF LEPPARD
6.Slide                              /goo goo dolls
7.The Boys Of Summer                 /THE ATARIS
8.MOFO                               /U2
9.God Save Us All                    /Lenny Kravitz
10.Puttin' On The Ritz                /Taco
11.Voices                             /Cheap Trick
12.Survivor                           /Destiny's Child
13.Drive                              /The Cars
14.She's Always A Woman               /Billy Joel
15.Wanted Dead Or Alive               /BON JOVI
16.Joy To The World                   /Three Dog Night
17.Every Body Wants To Rule The World /Tears For Fears
18.The World Is Stone                 /Cyndi Lauper

本は、買ってから読む暇が無かった乙 一さんの
「くらいところで待ち合わせ」を読みました。
「GOTH」や「天帝妖狐」みたいなドロドロした'陰'の作品は
あんまり好きじゃないんだけど、これは乙一さんの'陽'の面が出た作品で、
けっこう楽しめました。
ちょっととした時間潰しにおすすめ。
それにしても、乙一さんの作品は設定がにくいですね。
ちょっと非日常的な設定だったりするんだけど、
その世界に入り込めてしまう文章力もすばらしい。
お話の種明かし的な部分も、結末部分にたどり着く前に
ヒントがあったりするので、結末が半分くらい予想できたりするんだけど、
その上で満足感が得られるので不思議な作家です。
結末が見えるという点ではミステリーとしては失格なのだろうけど、
自分はミステリーは期待していないので乙一さんの作品はけっこう好きです。

2006年2月14日 (火)

バレンタインの思い出

 今日はバレンタイン。
思い出のバレンタインは20年前のバレンタインです。
その前の年の春に帰国して、日本で体験する
2度目のバレンタインでした。
アメリカにいた頃は、クラスの一人一人に、
封筒にメッセージを添えたカードと、
ハートの形をしたラムネ菓子みたいなのを
2・3粒入れて渡してました。
男女問わずです。
だから、自分もメッセージカードを書いたりして、
凄く面倒だった記憶があったんだけど・・・
今思うと、日本でいう年賀状みたいな位置づけですかね。

 で、日本で最初のバレンタインは、小学4年生で
まだ恋愛とかはまだ早かったのか、
なんかそういう行事はあるけど、
「アメリカみたいにそんなのは用意しなくていいんだよ」
と、教わっただけでした。
ところが、小学校5年になったら、
「日本のバレンタインは、告白と一緒に
 好きな人にあげるんだよ。」と、教わりました。
私はそれを聞いて、当時大好きだったNさんの事を
頭に思い浮かべました。
でも、「Nさんにチョコをもらえるかなぁ」
なんて考えたわけではなく、私が考えたのは
「バレンタインデーにNさんに告白しよう!」でした。

 そうです。
バレンタインデーは「女性」が男性にチョコをあげるという
日本独特のルールは教えてもらえなかったので、
アメリカと一緒で、男性も参加するイベントだと
思ってしまったのです。
そして、隣の駅までいってデパートで買うなんて発想は
小学生の私にはなく、近くの商店街で売っていた
バレンタイン用の包みに入ったお菓子を
ランドセルに忍ばせて学校まで持っていきました。
 もちろん、みんなの前で渡す勇気なんてなく・・・。
ランドセルの中に入っている、1個1個、
ハート型に包まれたお菓子を渡せずに
あっという間に放課後になってしまったわけですが、
放課後になっても、急に勇気が湧いてくるわけでもなく・・・
(渡せなかったなぁー)と、一人放課後の教室で、
渡せなかったお菓子を眺めながらぼんやりしていたんです。
そしたら、Nさんの親友のIさんが忘れ物をしたのか、
ガラガララ引き戸を開けて入ってきて・・・
「それ、どうしたの?」と、包みを見て訊いてきました。
「誰かにあげようと思ったんだけど、渡しそびれちゃって・・・。
 良かったらあげるよ!」と、Iさんにあげちゃいました。
「ほんと?ありがとー!」と、
Iさんは喜んで貰ってくれたのですが、
Nさん達を待たせているのか、走って帰って行ったのでした。
今頃はNさん達に、「これ○○に貰ったんだー」って、
話しているのかなぁ?なんてぼんやり考えていたら・・・
5分もしないうちに、Iさんが戻ってきて、
ハート型の塊を投げつけてきました。

「これ、のど飴じゃんか!!ばかーーーー!!」


えーーー?
買った私も知らなかったというか、気づいてませんでした(笑)
勿体無いので、投げつけられたのを拾って一粒舐めたのですが、
ハッカの味が強烈で、小学生には無理!(笑)
すぐに吐き出してしまいました。

甘酸っぱい思い出というにはちょっと辛かったです・・・

2006年2月12日 (日)

きさらぎ賞(G3)

馬連
1-5*1
1-10*1
5-7*2
5-10*1
7-10*1 3連単 7-1→2・5・9・12(各1) 計10点

2006年2月10日 (金)

いよいよ

久保が代表復帰!
3-6-1のワントップのFWとして!
体調が万全じゃないのが残念ですが、
前線でべったりと張って、
結果を出せるタイプのFWなので、
凄く期待しています!
大黒より久保!
個人的な意見として、高原が出れないのが
日本にとって一番いいことなので、
ここで久保が結果をだして、
W杯本番は高原が控えにまわるのを期待!!

2006年2月 9日 (木)

メモリプレイヤー

愛用していたMDウォークマンもCDウォークマンも昇天してしまったので、新しく買おうと電器屋へ。

そしたら、コストパフォーマンスも考慮してメモリプレイヤーの方が欲しくなり…買っちゃいました。

ソニーのにも惹かれたのだけと、なんか余りに薄過ぎてポキって逝ってしまいそうだったし、恐らく超ヘビーユーズになるので充電池内蔵型は電池の寿命が気になる。 交換→修理扱い(有料)になるのでので断念。 なにより、毎日充電するよりは、切れそうな時にスペアを持ち歩いて交換できた方が使いやすいし。


で、i-podは余りに不具合報告を耳にするのでパス。

サンヨーは他社の同程度の製品と比べて何故そんなに高いのか疑問に思うほど高いので問題外。

いろいろ消去してたらiriver社製のものに非常に惹かれた。

けど、iriverって聞いた事ない社名。なんかネーミングセンスが韓国っぽいけど(笑)


気になってネカフェで調べたらやはり韓国。

ん〜。韓国ってだけで嫌悪感が(爆)


でも、いろいろ調べたらユーザーの評判も、店員の評判も上々。

電源も乾電池だし、構造的に圧力にも強そうなのにデザインも悪くないので購入を決定。

韓国製なのが気になるけど、ソニー製品も80年代のような「壊れない」イメージがもうないしな〜。 むしろ、最近の日本製電化製品は通常使用状況化での故障が原因の買い替えばかり。

日本製、欧米製品に拘る理由はないかな…

2006年2月 6日 (月)

心の叫び

心の叫び

今日はジムで水泳。

6時はあんまり人がいなくて、各レーンに2~3人。
自分のところもおばちゃんと二人だったのだけど…

カップルが手を繋いで入ってきたΣ( ̄□ ̄川)

女の方はいつも同じ時間に泳いでいたし、
谷 亮子に似てるので見覚えあるんだけど、
男性の方は自民党の山本 一太似で初めて見た感じ。

(カップルかよ、うぜー)と思いながら、
1往復して泳いで帰って来たら…

女が男に手を引かれながら泳ぐ練習を始めた!Σ( ̄□ ̄川)


(二人一組での泳ぐ練習は禁止なんだけど…)

ってか、その女、普断2キロくらい泳いでるぞ!(笑)


なんで不細工なカップルに限ってこう人前でイチャつくんだぁー!?(ノ-o-)ノ ┫

スーパーボール

結局リアルタイムで見てます。

野球でいえば投手戦ですね。拙攻もあるけど(笑)


スティーラーズ頑張れ!

2006年2月 5日 (日)

墨攻

好きな本の一つ、
酒見賢一の「墨攻」が映画化!
http://animeanime.jp/news/archives/2005/12/129.html

漫画の方を映画化するらしいですが・・・。
原作の本の方が好きなので、
興味ある人は原作読んでみてください。
薄い本なので、すぐ読み終わるはずっす。

スーパーボール

明日はスーパーボール!

でも、八時からの放送なので九時からの株の時間とかぶる…

夕方の再放送を見るかな〜。誰も結果を言わないでね(笑)


〜共同通信杯(G3)〜
馬連

1-2×7
1-10×2 2-10×1 計 10点

2006年2月 4日 (土)

Italian U.F.O.

Italian U.F.O.

結局は、これになりました。無難なとこで。 後は、鮭おにぎりとお茶。

でも、ヤキソバは胃によくない(笑)

カップラーメン

今日も図書館で勉強。 諸事情により、食事は家で用意されない事になったのでお昼は外食。

でも、一人でレストランは寂しい&日清のインスタント麺のCMをみたら食べてみたくなったのでコンビニでおにぎり+インスタント麺にしようかな。

宣伝してる「イタリアン」のシリーズのどれかにしようと思うんだけど…オススメまたは逆に避けた方がいいってのあります?

2006年2月 3日 (金)

地震だ爺さん!

千葉は地震DAYでした。

余震も含めれば今までに4〜5回は揺れてる。 今日は朝から図書館にこもってるのだけど、みんながみんな、知らない人同士なので、「地震だよね?(・ω・;)(;・ω・)」という会話ができず…(笑)

みんなそれぞれの方法で地震なのかを確かめようとしてて見ていて楽しかった。 灯の紐を探しているのか天井をキョロキョロしたり…家ぢゃないんだから蛍光灯に紐は無し→失敗。

わたしはペットボトルの水が揺れているのを見て地震と確認できましたけど(笑)

おコメ大好き!

我が家は母の健康志向もあり、新潟の農家から直接買いつけてる秋田小町の胚芽米が食卓にのぼる。

これはこれでそこらのお米よりおいしいのだけど、食べる量がいつもより多かったりして、配達の前にお米が切れると『じゃんご米』を近くのお米屋さんに届けてもらう。

これがね…おいしいのです。いろんなお米試したけど、これ以上はまだ出会ってない。

今日もお米が切れたのでじゃんご米を届けてもらったのだけど、一緒にもらったチラシをみたら、なんと『どっちの料理ショー』の特選素材として使われてるのだとか…
つまり、「カツ丼」vs「カツカレー」って対決を支えてるのはじゃんご米。まちゃあきの『うまいっ!』の中にはじゃんご米に対する(うまひ!)が込められているのだ。 うまいわけだよ…

2006年2月 2日 (木)

電車

今日は所用で霞ヶ関へ。 久々に地下鉄に乗って乗換えを経験、人の列に並んだりしたわけなんだけど…

ずきゅーん!( ゜Д゜)

前に立ってる女性のうなじに萌え〜♪

嗚呼、人の後ろに立つの久々なのでアップにした髪の下から垣間見得るうなじを見るのも久々。マフラーしてない娘万歳!!

自分がうなじフェチだったの忘れてました(笑)まったく予期していないタイミングでのうなじ攻撃にやられた…

やばい、うなじやばい!後ろからかぶりつきたい(・ω・;)(;・ω・)

無意識に「はぁはぁ」言ってなかったか自分で確認しちゃったよ… このままじゃ不審者に間違われる(むしろ確定!)ので無意味に並ぶ列を変えた(笑)


程なく電車がきて座ったら、向かいの席にうなじの持ち主が!

顔見なければ良かった…

後ろ姿美人も久々に経験した一日でした…

2006年2月 1日 (水)

ぽつーん

ぽつーん

船橋で買い物。

バレンタインの特設を見てたらチョコを食べたくなってデパ地下へ(笑)

なんとなくわかってたんだけど、やっぱりって感じでバレンタイン一色…
居心地悪い!(笑)

それでも頑張って、ゴディバで大好きなココナッツとかを買った♪

でも、「バレンタイン用に包みますか?」って、聞かれた俺っていったい…(・ω・)


疲れたので喫茶店でお茶しながら勉強。 そしたら画像の状態に… 客が誰もいなひ( ゜Д゜)居心地悪っ!(笑)

十二国記

「裏切られてもいいんだ。裏切った相手が卑怯になるだけで、わたしの何が傷つくわけでもない」
とーるさんの日記に乗っていた『十二国記』の主人公、陽子の台詞です。

これは「走れメロス」や今週の「西遊記」みたいに(人を信じる事は大事)的なテーマを表した言葉ではなく、心の持ち様を表した言葉。


もうだいぶ記憶があやふやになってるけど、「裏切られるのが嫌だから信じたくない」という発想ばかりをしていた主人公(陽子)が、いろいろ経験して変わった結果として吐いた台詞である。

この台詞の持つ含蓄に力があるというよりは、この台詞を吐いた陽子の変化に感動を覚えた。 変わるきっかけを与えてくれる作品です。

日々の生活に閉塞感を感じてる方は是非。 小説・DVD(アニメ)両方あります♪

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »