最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 思考のスパイラル | トップページ | 中田前へでるな! »

2006年6月13日 (火)

オーストラリア戦

 昨日のオーストラリア戦はがっくりきましたね。
今朝は普段どおり目が覚めたので新聞やスポーツニュースを見ていたんだけど、
マスコミはもう少し日本の選手に対して辛くてもいいんじゃない?
「敗因分析」と言いながら、ヒディング監督の
選手交代を誉めるばかり。
批判すべきを批判しなければ、サッカーは育たないよ。

ってことで、負けたんだから批判します!(笑)
オーストラリアは明らかに集中力を欠いた攻めの繰り返しをしていた。
それが1点入ったとたん、運動量が格段に増えた。
逆に日本の運動量は格段に落ちた。
最初の失点が招いた気持ちの差が敗因の5割といっていい。
つまり川口の判断の誤りが敗因といっていい試合。
失点をした事実だけが、日本の選手の気落ちを招いたのか?
自分はそう思わない。

 GKはルール上、無理な接触を受けたらファールをもらえる。
でも、それはGKの制空圏での話。
自分からDFの競り合っているところにしゃしゃり出て、
ボールを触ることすらできなければ、
ファールなんてもらえない。
守りの人数の足りている場面で
無理に飛び出す必要はない。

 そんな不必要な飛び出しをして、
ゴールを無人にした末の失点。
味方のやる気をそぐのには充分。
「お前のせいだ!」って
言いたくなるのを我慢しながらプレーをしていては、
気持ちの整理なんてつかない。
暑い中走り回って疲れ果てているのに、
そんな精神状態にされたら・・・
日本の最初の失点が無ければ、オーストラリアはそのまま
ズルズルとやってくれたに違いないのだから、
バッシングは良くないにしても、
少なくとも技術的なミスについて指摘をされて然るべき。
ミスなんてなかったかのような解説はやめてほしい。

敗因の3割は・・・
決められるところで決めなかった攻撃陣に問題あり。
特に高原!!!(笑)
もう、お前について語るのは厭だ!!
今から代表を辞退してくれ!
カウンターでいいボールを貰って、
ゴール前まで突進。
そこで、シュートを打とうが、
併走してきた柳沢にパスを出そうがこの際どっちでもいい。
でも、あのパスはなんだ!!!!
何がやりたい??
柳沢の足元にパスを出したかったのだろうけど、
その考え方が根本的に間違っている。
ゴール前では時間をロスするプレイはご法度。
W杯に出場登録されている700人を越す選手の中で、
シュートを選択せず、柳沢の進路の延長線上にパスを出すでもなく、
柳沢の足元にパスを出す馬鹿は高原しかいないと思います。
もう、川口を含め「身体能力の高い馬鹿」は使ってほしくない。

後の敗因の2割は中田だと思います。
アレはもうボランチじゃない!
試合前日のコメントで、「みんなもっと走らないとダメ」
って、言っている張本人が一番走ってない!!!
ボランチが日本で「守備的MF」とか「舵取り役」と、いう意味で
使われているなら、中田の動きはそのどちらにもあてはまらない。
DFラインの前のMFに期待されている仕事は、
ボールを持っている人からボールを奪うことに本質はない。
ボールを持っている人からボールを奪う中田を
「精力的にディフェンスをしていて、守備の意識が高い」と
評する人をネットでよく見かけるけど、
あれはボールを奪って自分が攻撃参加をしたいだけで、
守備の意識が高いわけではない!
ボランチは「DFラインの前で相手に自由に仕事をさせない」のが
一番期待されている仕事。攻撃参加は余裕があるときでいいよ。
確かに中田がいうように、ボールを奪って前線にいいボールを供給するのも
あの位置の選手の大事な仕事ではあるが、
ボールを保持している選手につっかかって奪う必要はなく、
自分の責任エリアにいる選手へのパスを奪って、
そこから前線の選手にパスを出せば充分。
あのポジションの選手に期待される役割は、
(1)自分の責任エリアの選手にいいパスを入れさせないこと
(2)自分の責任エリアの選手がボールをもったときに、
  自由にパスを出させないこと、
(3)味方のサイドの選手が上がったときに
  そのサイドの選手がいなくなってできた
  スペースを埋める動きをすることである。

中田は(3)の動きをする気はまったくないようだし、
(1)(2)の仕事をしようにも、自分のいるべき場所に
いない時間が長すぎて全くこの役割を果たしていない。
攻撃に参加するのは悪いことじゃないけど、
人にもっと走れというなら、
攻撃に参加した後に急いで持ち場に戻れ!
それができないなら、上がるなと言いたい。

攻撃において、ボールをゴールに近づけるために必要なことは
前に進む選択肢を多くもつことである。
ボールを持った選手が多くの選択肢をもてば、
守る相手はそれだけ多くのことに労力を割かねばならず、
守りにくくなる。
そしてボールを持った選手がどれだけの選択肢を手に入れ、
効果的にボールをゴールに近づけられるかは
味方の動きが大きく影響する。
そして中盤で味方選手がボールをもったときに、
味方のパスの選択肢を増やす仕事がボランチの仕事だと思う。
(逆に、敵の選択肢を減らすのも仕事)
サイドに味方が寄りすぎているときは中央のパスルートを確保し、
逆に中に人が集まりすぎているときはサイドに流れる。
攻守において人員配置のバランスをとり、
チームのバランスをとることで舵を握る。
ボランチという表現はそういう仕事を言い表しているはず。
「お前あそこにいろ!あそこに走れ!」と人に指示したり、
「俺のこの無茶なパスをとりに走れ!」と、選手を動かすこと
を意味するわけではないはずだ。
他人にあわせるということが苦手な中田に
ボランチの仕事は向かないと思うんだけど・・・。
味方を無駄に走らせ、体力の消耗を招くだけ。
ダブルボランチシステムをとるなら、
福西と遠藤にしてほしい。
どうしても中田を使いたいなら、
守備のバランスを考えてサントスを下げて、
中田(浩)をいれるか、中田(ヒデ)を右サイドに。
(そして、中田はお手本を示して走ってほしいね。)

« 思考のスパイラル | トップページ | 中田前へでるな! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19713/2199148

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア戦:

» サッカー日本代表ヒデのお気に入りのワインで、祝杯を。 [フットサルチームをつくろう!〜日本一のフットサルチーム目指して〜]
ドイツサッカーワールドカップの、F組第2戦。日本対クロアチアは、最悪の結果は免れましたね。キーとなるオーストラリアも、ブラジルに負けを喫し、自力で予選突破は難しいですが、なんとか第3戦に望みをつなぎました。 [続きを読む]

« 思考のスパイラル | トップページ | 中田前へでるな! »