最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« いよいよブラジル戦 | トップページ | W杯感想 ポジティブ編 »

2006年6月24日 (土)

W杯敗退(ネガティブ編)

 予選敗退してしまいましたね。
んまぁ、予想された展開ではあったけど、
4-1ですか・・・。

中田や中村が日本の至宝であり、
20年待たないと「黄金世代」と
呼べる人材は出てこないと思っている人は
4年後は本戦出場すら無理と嘆いているのでしょうけど、
おいらは日本のサッカー界のレベルが
一部サポーターがいうように、
恥じるほど低いとは思いません。
ただ、このチームは弱かった、
そう思います。

 一言でいうとチームの連携がイマイチだった。
特に中盤全体での決まりごとってどれだけあったのだろうか?
個々の能力が高いわけじゃないのに、
連携ができていなかったのはチームとして致命的だったと思う。
「ここは俺の持ち場」という意識が誰にも見れなかった。
MFはもちろん、DFもFWの選手も。
 それはお互いがお互いの「尻拭い」をさせられている意識が
強かったからではないのだろうか。
「尻拭い」と「サポート」は違う。
「尻拭い」をしていいる間は、自分の本来の持ち場を
(物理的にではなく、気持ち的に)離れてしまっていると思う。
『アイツが仕事しないから、俺の仕事が増えて、
 俺の容量を超える仕事が回ってきているんだから、
 ミスをしても仕方ないよな』的な空気が蔓延していた。
DFの仕事までやって「俺って献身的♪」と、
思ってる節のある高原が点を取れないのは
「致命的に馬鹿」って以外にも
ここら辺に問題があるんじゃないのかなぁ。
 更に失点をするとお互いがお互いのせいにしていた。
例えばDFは1対1で抜かれたとしても、
自分のせいだけで失点したという意識が持てていなかったと思う。
『中盤でのプレスが足りない』とか、
『川口のポジショニングが変』とか。
中田は、自分が失点の場面に絡んでもすべてDFのせいにしてたし(笑)
彼は『なんで簡単に競り負けているんだよ!このちびDF!』
と、憤慨していたかもしれないが、
DFからすれば『なんで簡単にボールを前線に入れさせるんだよ!』と、
DFの選手から同じく憤慨されていたはず。
そんな場面が多すぎる。

 ただ、これは個々の選手が仕事をしていなかったのではなく、
個々の選手の仕事がぼんやりとしか決まっていなかったのだと思う。
そのせいで個々の選手が本来の仕事を全うできなかったのではないのか。
「みんな能力が高いんだから、
 後はアドリブでなんとかして頂戴」って言えるほど
日本のサッカー界は人材が豊富だったわけじゃない。
その意味で、先発メンバーが固定できなかったのは痛い。
特にボランチ候補が6人もいたのだけど、
一番連携が重視されるボランチのレギュラーが
一応とはいえ福西・中田(英)に定まったのが遅すぎる。
(これも、中田がトップ下のポジション争いに負けて、
 ボランチにねじ込まれたせいとも言える)
それに、出場試合数も一番多く、一貫して使うと思われた、
福西もあっさり大会本番で首をすげ替えるし(笑)
ネームブランドのある選手【特に中田(英)】が絡むと
すごく優柔不断になるジーコ。
この辺りに日本の敗因があったんじゃないかな。
ジーコが単に優柔不断なのか、
一部の狂信的サポーターがこわいのか知らないけどさ。
国内組と海外組の融合がうまくいかなかった。
結局一番大きいと思われた課題が
ほとんど意識されずに放置されていたんじゃないのかなぁ。

 チームの中で一番連携が取れていなかったのは明らかに中田。
DFは中田がボランチの仕事をサボタージュしているから、
怖くてDFラインを上げられないとぶーぶー言っていたが、
中田が指摘しているように、確かに下がり過ぎともいえた。
結果、日本が点をとりに前懸かりになろうとすると、
MFがみんな上がりっぱなしになって、
DFラインと中盤の底と間にぽっかり穴があいてしまう。
これは戦術レベルではどっちも正しいことを言っているのであり、
どっちかが折れるしかなかったわけなんだけど、
中田がいうように、日本のサッカーのレベルが低いのであれば、
レベルの低いDFの選手は、
DFラインをあげるというリスクは日本はとれないはずで、
ボランチの中田がバランスをとるべく、
折れる必要があったのではないのかと俺は思う。
(ボランチが少なくともあがりっぱなしでは駄目)
この辺、中田は支離滅裂なことを言っていたと思うのだが、
誰も指摘しない(笑)
んまぁ、この辺はチームの方針というものが大きいはずで、
中田が正しいのか宮本たちが正しいのかとは別に、
ジーコ監督が決断をすべきことだったと思う。
その決断をようやくしたのが、クロアチア戦だったわけで、
(中田に「上がるな!」と漸く厳命を下した。)
オーストラリア戦でチームの雰囲気が最悪になるような
負け方をしてからでは手遅れだった感が強い・・・。
 トルシエが容赦なく中村を落選させたように、
ジーコも中田を容赦なく落選ないしベンチスタートにすべきだった。
チーム内に不協和音を抱えたまま勝てるほど
日本のサッカーのレベルは高くなかったはず。
チームメイトにも監督にも遠慮された中田、
彼の存在が良くも悪くも日本にとって凄い影響があったW杯だったと思う。
中田が有能な選手かどうかは別として、
一匹狼を気取ってチームワークの熟成に
消極的だった中田は日本にとって
メリットよりデメリットが大きかった気がする。

 試合が終わってこれ見よがしにセンターサークルで
昼寝を始めた中田。
「疲れて動けなかったんです」と、
コメントしていたわりには、試合終了直後は、
ユニフォームの交換のときに
それなりの格のある選手を捕まえるのに血眼になっていたんだけど、
かなり元気に見えたんですが??
(んま、彼が人脈自慢に走るのはいつもの光景だけどさ。)
あのわざわざセンターサークルまできて「ゴロン」は、
「俺ってチームメイトに恵まれなくてかわいそうでしょ?」
って、アピールしているようで怒りを覚えたのは僕だけ?
そんなのみんなわかっていて突っ込まないだけ?(笑)
インタビューも「負けたのは俺のせいじゃないしぃ~」的な
態度がいつにも増して見えたのだけど・・・
中田一人のせいで負けたとは思わないけど、
彼が人を非難できるほどのパフォーマンスを見せていたわけじゃないし、
予選敗退に関しては彼にも大きな責任があったと思うので、
そんな彼の態度は理解できないし、
そんな彼を悲劇のヒーロー風に描くマスコミには
もっと強い怒りを覚えます。

ブラジル戦・ポジティブ編は明日書きます。

« いよいよブラジル戦 | トップページ | W杯感想 ポジティブ編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19713/2351054

この記事へのトラックバック一覧です: W杯敗退(ネガティブ編):

» 収入・仕事・信用〓公益活動支援ビジネス [防犯防災冊子作成等〜公益活動支援ビジネス]
自営業や起業、副業を目指す方の仕事のコネや収入、社会的信用を確実に得られるアナログビジネス。地域社会と任意の公共団体を対象にした防犯・防災及び冊子作成代行及び公益活動支援ビジネスの紹介です。 [続きを読む]

« いよいよブラジル戦 | トップページ | W杯感想 ポジティブ編 »