最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« オーストラリア戦 | トップページ | クロアチア戦 »

2006年6月17日 (土)

中田前へでるな!

 一筋の光明?

父が東スポを買ってきたら、

    ~ジーコ博打指令~

   「中田前へ出るな!」

    「超守備布陣」

の文字が躍っていた。
この記事が本当なら
明日のクロアチア戦に一筋の光明が!!
記事の詳しい中身は中田への
「前線への飛び出しを控える」指示は、
守備重視の「チームの方針」として受け取っている。
つまり、多くの日本人が攻撃の要と妄信している、
中田様「すら」も引いて守り、
日本はカウンター(逆襲)中心のサッカーをやる、
つまり、日本のとるべき途は、まずは守りなんだ
と、いうチームへの指示として書いている。

 でも、内実はボランチという仕事を理解せず、
上がりっぱなしの中田個人に釘をさしているだけでしょ(笑)
中盤の底でチームのバランスを保つ仕事を
請け負っている「はず」の中田が
上がりっぱなしであるが故に、
チームのバランスも崩れていた。
これまでは「中田様だからしょうがない」的な空気があり、
ジーコ監督も「選手同士の話し合い」を重視して、
宮本と中田に喧嘩をさせるだけさせてきたけど、
ジーコもいよいよ崖っぷちに立たされて、
中田に「お前が間違ってる」と、宣告したかと思われ・・・。
でも、同じポジションの福西とも口論になり、
DFの中心に指名された、宮本とも口論をし、
それでも中田は自分の考え方を修正していないのは、
ドイツ戦とかを見ても明らかだったんだから、
もっと早く指示を出してほしかった・・・。
中田がジーコが思っている以上に頑固or馬鹿だったのか、
ジーコはそれでもなんとかなるって思っていたのか・・・。

 これまでの日記で中田はチームのバランスを崩している
と、批判してきたけど、
中田への「前へ出るな」という指示は、
チームのバランスを崩してきた元凶を修正するためのものと
オイラは思うので、もし、中田が言うことを聞いてくれれば、
チームのバランスがよくなり、日本はしっかり守った上に、
2点くらい取れる可能性が・・・
中田があがらなくなれば、
日本は別のチームになれるんだから!
2-0くらいで勝てる可能性が出てきた!
って、思うのは甘いですか?(笑)

いっそのこと中田をベンチに下げる方がいいと思うんだけど、
さすがにそれは世論が恐くてできないんだろうなー。

« オーストラリア戦 | トップページ | クロアチア戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19713/2265085

この記事へのトラックバック一覧です: 中田前へでるな!:

« オーストラリア戦 | トップページ | クロアチア戦 »