最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月19日 (水)

ゴールデンゴールズ解散・・・

ゴールデンゴールズ解散・・・
 ゴールデンゴールズが解散・・・。
しかも、理由が極楽トンボの山本が
少女とみだらな行為をしたから。
ってか、あのデブ、部員だったんだ(笑)
しかし、相方だけにとどまらず
ほとんど籍を置いているだけ状態と思われる
欽ちゃん球団にも迷惑をかけるなんて・・・。

 番組でもロリコンを自認していたようだが、
テレビって身内に甘いよね。
ジャニーズや某アイドルが未成年なのに
喫煙や飲酒をしている事実を認識していても、
他のマスコミ媒体に漏れない限り黙認しているように、
今回の事件だっておそらくスタッフ連中は
彼の性癖を知りながら黙認していたはず。
スタッフもばれたら山本が干されるだけって認識で、
周りに迷惑がかかるとか、
ゴールデンゴールズの解散にまで
頭が及ばなかったんだろうなー。

たかが未成年との性交渉で
ゴールデンゴールズの解散は
過剰な反応と思う人もいるかもしれませんが、
NHKのニュースでは
民放他局の様に『少女と淫らな行為をした』って、表現ではなく、
『未成年の少女に暴行をした』って、表現でした。
これって単に未成年の女性と
性交渉をしたって意味ではなく、
(18歳以下なら青少年健全育成条例違反)
刑法の強姦罪の罪に問われているって意味で
使っていると思われます。。
世間一般でいう強姦ではないけど、
刑法上は強姦と評価される場合が2つあります。
一つは準強姦といわれる、
お酒や薬物を飲ませて、正常な判断能力を低下させ、
それに乗じて淫らな行為に及ぶ場合。
もう一つは、両者合意の上での強姦。
「合意の上の強姦」って変な表現ですが、
表現を変えると14歳未満の少女に手を出したってことです。
法律上は14歳未満は意思「無」能力とみなされ、
客観的事実として合意があったとしても、
法的にその合意は無効となり、
合意があったことにならない。
これは刑法の適用においても同じ。
合意をする能力のない女性と合意の上で性交渉を持てば
合意もなく女性に淫らな行為をはたらいたことになる。
これ、つまり法的には強姦って理屈です。
強姦って表現だと、あまりに衝撃が強いし、
一般に強姦って聞くと「女性の意に反して」って
ニュアンスでとられてしまうので、
「少女に暴行」と便宜的に表現しているわけです。
 最初、ニュースで【女性にお酒を飲ませて】という
表現が使われていなかったので、
自分は14歳以下の女性に淫らな行為をしたと
誤解したのですが、今回の事件では、
お酒を飲ませてことに及んだようです。

14歳以下の子に手を出していたら、
それこそ社会にとって危険な存在だし、
酔わせてことに及ぶのは卑劣な犯罪。
ニュースではもっと酷い性犯罪を耳にするので、
芸人がちょっとオイタが過ぎたって
聞き流してしまいそうな今の世の中ですが、
自浄機能のないテレビ界に
欽ちゃんは手本を示してくれたのだと思う。
欽ちゃんの決断は、少し時代遅れの気もするし、
やはり解散は惜しい。個人的には撤回して欲しいが、
それ以上にテレビ界は自浄機能を取り戻して欲しい。
欽ちゃんの悲痛な涙を無駄にしてはいけない。

結婚できない男

 自分はあんまり民放ドラマを見ない人なのだが、
今クールは「結婚できない男」を楽しみに見ている。
阿部寛と夏川結衣が割りと好きな俳優さんなのと、
初回を見て面白かったから引き続き見ている。
 コメディーといっていいドラマなんだけど、
阿部が体当たりの演技で頑張っている。
初回はお尻をペロンと披露し(させられ)ているし、
モデル出身という経歴からもわかるように、
イケメン路線でやってもいいだろうに、
キモい男を好演(?)している。
TRICKで偏屈な男はお手の物なんだろうけど、
TRICKでは発言が変ではあったが
立ち姿はやはりイケメンの影があった。
それが、今度のドラマでは細部までキモい(笑)
髪型もすごいし、あの長身で猫背気味で、
頬の筋肉も変に弛緩していて、
オタ臭を見事に発散させている。
 逆説的に、猫背は気をつけようって思ったし、
顔の筋肉に活力を保っていたいなーと思った。

ぜんぜん話違うんだけど、
出演している女優さんで
国仲涼子より夏川結衣の方が
いいってのは変なのかな・・・。

2006年7月15日 (土)

中田特番

 食事のときに、野球を見ようと思ったら、
信じられないスコアだったので、
中田特番を途中までみていた。
期待していた以上にひどい内容だ(笑)

中田はオーストラリア戦の敗因分析をしていて、
キューエル等のMFのマークがはっきりしていなかったのが
一つの敗因とあげていた。
それは確かにそうなのだが、
彼の分析の中身にはちょっと賛同できない。

彼は日本のディフェンスが5~6人いて
十分人数が足りていたのに
3人で崩された場面を例にあげて、
『例えば(坪井がキューエルのマークにつく)
 って、決まっていれば対応が違っていた。』
と、分析していた。
確かにDFの3人が一人の選手に集中して
空いたスペースを利用されてピンチになっていた。
本来、下の様に並んでいる
DF(1)~(4)の4人が

    B    A

(1)  (2)  (3)  (4)

このときは下のように
ボールを持った相手のA選手に3人寄ってしまい、

    B
    ↓   A
(1)   ↓ (2)(3)(4)
    ↓
    ↓
    B

Aの選手から、後ろから走ってきていた
Bの選手にDFラインの裏に
パスを通されていた。
(シュートは外れた。)

中田は(3)の選手(坪井)がAのマークをする
って、決まっていればこういう場面はもっと楽に守れて、
みんなの体力の温存も計れたと指摘している。
しかし、ちょっと待て!!!(笑)

    B    A
   福西  中田大先生

(1)  (2)  (3)  (4)

DFラインの前にあんたがいるはずでしょうが!!!!
あんたが追いかけて、
坪井と二人ではさんでいればDFの(2)~(3)が
全員追いかけずに済んでいる場面です!!!

>『例えば(坪井がキューエルのマークにつく)
> って、決まっていれば対応が違っていた。』
って、発言も、
「キューエルのマークが坪井って決まっていれば、
 俺も前線にあがりっぱなしになれたのになー」
って、風にしか聞こえません!
あんた一人が走らないがために全員が走らされている!
引退して正解!!

それから、小野の投入がわからなかったってところ!!
「俺はもう守備のために走れなかったから
 小野が後ろで守って、俺が前でプレイをして
 とどめの得点をとりたかった。
 それなのに、小野は前にあがりっぱなしで
 何をしたいのかわからなかった。
 ジーコの采配には疑問が残る。」
って、趣旨の発言。
この中田に対する取材がなされている時点で、
ジーコ自身の言葉で、
「小野は前線に残ってボールを保持して欲しかった。
 小野のキープ力で点を取って欲しかった」
という趣旨の言葉が既にプレスに伝わっていました。
中田の発言をそのまま受け止めると、
小野が独断で前でプレーをしていたように
聞こえるんだけど・・・
中田がジーコの発言を知らなくて
こういう発言をするのは仕方ないけどさ、
そういう情報が広く出回っているのに、
この中田の発言をそのまま流すテレビ朝日の意図は??
中田万歳番組だから、中田に批判的になれとは言わないけど、
小野を悪者にするようなVTRを流すのやめてくれない?

それに、中田にジーコの指示が伝わらなかったのか、
中田がジーコの指示を無視したのかはわからないけど、
中田も小野があがりっぱなしで
中盤の底が薄くなっていたことを
認識していたと自分ではっきりと認めている。
それを放置してあがりっぱなしだった責任はある。
仮に中田に小野交代のときの指示が伝わっていなかったとしても、
中田に「上がれ」という指示が存在しないのは事実。
それなのに、「俺はもう守備のために走りたくない」と、
(もともとぜんぜん走っていないのに!)
勝手に前線に上がった責任が彼にはある。
それを棚にあげて「小野のプレーが理解できない」
って、発言は許せない。

2006年7月13日 (木)

ポチっとな

キレそうになる瞬間。


下りエスカレーターで、前に立ってた
“がらがら”を引いてるおばちゃんが降りてすぐ立ち止まった。
⇒どこにも避けるスペースがなくスネを痛打。
しかも、おばちゃんには「前を向いて歩け」と注意される。
すみません(・ω・;)(;・ω・)


幅の狭い踏切を渡ろうとしたら対向車がきたので
自転車から降りて押して渡ろうとしました。
渡り始めたら警報器が鳴りだしたのだけど、
間に合うと思って特に急ぐでもなく歩いて渡っていたら、
あと数歩で渡りきるというタイミングで
後ろから3人組のおばちゃんが走って私のことを追い抜きました。
しかも、渡りきった安心感からか
3人組は踏切の出口の所で急にスピードダウン。
私は自転車を押して渡っていたので横にも避けられず、
後ろはデッドゾーンだし、
前にはおばちゃんの塊が邪魔をしていて進めず…
遮断機の棒が頭に落ちてきました(-"-;)

ドリフのコントかよ!

2006年7月 8日 (土)

サッカーの影で

 W杯も3位決定戦と決勝戦を残すのみ。
世の中はジダン・ジダンと騒いで
フランスの優勝と騒いでいますが、
今のフランスの強さはジダンより、
ヴィエラとマケレレの存在・好調にあると思う。
イタリアの堅守とフランスの堅守の実質は違う。
懐深く守って人数をかけて守備を固め、
勝ちを拾ってきたイタリアに対し、
フランスはボランチのこの二人が鬼の様な活躍を
みせているところに特徴があると思う。
例年に比べ、中盤のタレントに便り気味の
イタリアはこの二人にかなり押さえ込まれるんじゃないのか。
それでも、イタリアはフランスを0封しつつ、
ポコっと1点取ったりPK戦でうっちゃったりするのか?
楽しみな決勝戦。

 ところで、ウィンブルドンも決勝。
この扱いの低さに笑う。
あまり好きな選手じゃないけど、
日本人の大好きなシャラポワも4強に残ってたのに、
ニュースではほとんど話題にならず、
去年だったら考えられないほど小さな扱い・・・。
マスコミのレベルが低いのか、
流行ってなければ興味を示さないファンのレベルが低いのか。
国のスポーツのレベルは目の肥えたファンが育てるものだと思うので、
後者だと日本はいつまでたってもスポーツでは
超一流になれない気がする。

いずれにせよ、ファンの目を肥えさせる仕事もマスコミは担っている。
仮想の一般的平均的国民像を作り出し、その仮想の国民が見聞きしたいであろう
薄っぺらな情報しか提供しないマスコミはどうにかならないのか。

眼鏡萌え

最近、冷やかしで眼鏡屋を覗いてたら、「眼鏡をかけてないと視力が落ちる」と言われました。
机に向かってばかりだと裸眼でも困らないと思って全くかけてないと言ったら、「それはやばい」って話になり…
視力をはかることになりました。

で、視力がかなり落ちてて、眼鏡をかけても0.3って言われました。
左はもともと0.1以下だったけど右は裸眼でも0.8前後はあったのに…
眼鏡族のみなさん。眼鏡はかけましょう。

って、事でレンズを換えようと思ったんだけど、レンズ交換だと四万かかるのが、「セット商品」を買うと安くなると言われ…(そういえば一万~のセット商品をたくさんみかけた)1から新しい眼鏡を作る事に!

眼鏡男子に萌える女性が増えてるって聞いた事があるので、特徴ある眼鏡を!って思ってかなりいろいろ試したんだけど、結局普通?の縁無し眼鏡に…
ツルの部分がパステルホワイトっぽいからアクセントにはなってると思うんだけど…

しかも\25,600ナリ~
一万ちょっとのもたくさんあったのに、似合わなかった…

そろそろバイトしないと貯金がやばいのに全く買う予定がない眼鏡買って一気に貯金が…

家でシコシコやれってことだよな。



勉強を。

TOIEC頑張ろっと。

2006年7月 6日 (木)

純情キラリ

 『純情キラリ』ってNHKのドラマを
どれだけの人が見ているか知らないけど、
一連のミサイル騒ぎで昨日は本放送が放送中止になったそうな。
NHKとしては珍しく視聴率を稼いでいる番組で、
先週は視聴率1位を獲得してたくらい。

 で、さっきは本来昨日放送されるはずだった回が流れていた。
うちは正規の時間(08:15~08:30)ではなく、
BS-2で7:30から見ていたので、
本放送が放送中止になったのを知らずに見ていたのだけど、
朝の連ドラの放送中止は長い歴史の中で
3回目なのだとか(by 某スポーツ新聞)
1度目は天皇崩御の際。
2度目は阪神淡路大震災。
そして今回のテポドン発射。
よっぽどのことがなければ
放送中止にならない朝の連ドラ。
昨日のミサイルはそのよっぽどの事だったんだ・・・。
現に友達では「戦争になるかもしれない。」
と、おそらくマイノリティーの発想で
食料の買出しに走ったのがいますが・・・。
おいらは震度6くらいの地震のニュースを
見るのと同じような心境でテレビを見ていました。
んー、同じ出来事でも捉え方って違う。
でも、中には「なんで『純情キラリ』を放送しないんだ!!」
「宮崎 あおい萌え~~!!」と、
NHKに抗議をした人がけっこういたようで・・・。
日本って平和。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »